ロゴ

負担を減らす為の方法

抗がん剤の副作用を取り除く

病院

副作用の負担

肺がんなどのがん治療で使用する抗がん剤の副作用は利用する方によって異なりますが、口内炎、便秘、吐き気、貧血、脱毛などがあります。また抗がん剤で利用する薬の種類によっても副作用は変わってくるとされています。

負担の軽減

抗がん剤の副作用を軽減させる方法に漢方薬との併用が効果的とされています。漢方薬を併用することで免疫力を向上させ体の防御力を高めることができ、副作用の効果を抑えることが可能になるのです。

副作用の吐き気の原因

抗がん剤治療で起こる副作用の吐き気の原因は、薬の影響で生み出された代謝産物が胃や腸を刺激するからとされています。事前に胃の粘膜を守る薬などを飲むことで副作用の軽減が望めるとされています。

元患者が抗がん剤治療で辛いと思った副作用ベスト5

no.1

吐き気・胃のムカツキ

抗がん剤治療を受けた方々で辛いと感じた副作用で、一番多かったのが吐き気というムカツキです。ベッドで横になっていても続く吐き気や気持ち悪さで眠れなくなることが多いという声が挙げられています。

no.2

倦怠感

吐き気や胃のムカツキに次いで辛いと感じた副作用に倦怠感が挙げられます。人によって倦怠感の度合いが違うようで、人によっては1日中怠いと感じる場合もあります。

no.3

下痢

下痢も抗がん剤の副作用として表れますが、トイレに行く回数も増えるので休みたくても休めないという状態になるようです。そのため多くの方が辛いと感じています。

no.4

脱毛

脱毛は主に頭髪が抜け落ちていき、また全部の髪の毛が抜け落ちるのではなく所々に髪が残る状態になります。その状態が辛いと感じた患者が多いという結果が出ています。

no.5

食欲不振

抗がん剤の副作用で食欲がなくなった、という元患者もいます。また栄養を取らなければいけないと思っていても、なかなか食べられないため、余計に辛く感じてしまうのです。

[PR]

肺がん治療は専門クリニックへ!
身体への負担の少ない治療を受けよう♪

がん治療に関するお役立ち情報

ドクター

肺がんの症状

肺がんは生活習慣に依存する病気になっています。主に喫煙が原因になっていますが、どのような症状が現れたら肺がんなのか調べておきましょう。

READ MORE
看護師

抗がん剤の副作用

抗がん剤を利用すると副作用が現れるのは一般的に多くの方が知っています。その副作用がどのようなものなのかを把握して事前に副作用の対策を行ないましょう。

READ MORE
医者

副作用が現れる時期

抗がん剤治療の副作用には一定の期間があります。その期間を乗り越えられれば辛い副作用もなくなります。どれくらいの期間副作用が続くのか、どんな副作用がいつ来るのかを知っておけば備えることが出来ます。

READ MORE

抗がん剤の副作用軽減をした患者の口コミ

数日で効果が出ました

抗がん剤治療を行なって1日目から気分が悪くなったのですが、漢方薬を処方されてからは数日で吐き気も治まりました。不安が取り除かれたので良かったと感じています。

副作用の少ない抗がん剤があると言われ

医師から副作用の少ない抗がん剤があると聞いて、その薬で治療を行ないました。聞いていたような副作用らしきものは一切でなかったので良かったです。

抗がん剤治療前から対策をしました

担当医に抗がん剤治療を行なう前から事前に対策方法を教わっていたため、副作用を少なくする事が出来ました。免疫力を高めることで軽減することが出来るようです。

肺がん治療で抗がん剤を使用

以前に肺がんを患ってしまい、その時に抗がん剤を使用しました。その時の使っていた薬の名前は忘れましたが、医者が言うには副作用が少ない薬ということらしく、おかげで苦しくない治療が行なえました。

制吐剤のおかげです

抗がん剤治療の経験があるのですが、激しい吐き気がきた後に制吐剤を処方してもらったのを覚えています。ピタリと吐き気が治まったので、制吐剤のおかげで副作用が軽減できたんだなーと思っています。

広告募集中