ロゴ

副作用の少ない抗がん剤を利用する

薬の組み合わせ

抗がん剤は数種類を投与することがほとんどです。一つ一つの抗がん剤には大きな副作用がないですが、組み合わせることによって大きな副作用として表れてしまうんです。薬の組み合わせを相談するのも副作用の軽減に役立ちますよ。

副作用の少ない抗がん剤ランキング

no.1

分子標的薬

分子標的薬はがん細胞を集中的に治療する場合に利用する抗がん剤になります。また、この薬の種類には吐き気などの副作用が出にくいタイプもあり、抗がん剤の中では最も副作用の少ない薬とされています。

no.2

アルキル化剤

血液のがんと呼ばれている白血病に効果的な抗がん剤で、副作用には目眩や動悸といったものが生じます。安静にしていれば副作用の治まりも早いとされているタイプもあることが特徴的で、分子標的薬に続いて副作用が少ないです。

no.3

代謝拮抗剤

代謝拮抗剤はがんの増殖を防ぐ役目を持っている抗がん剤になります。一般的な下痢などの副作用が少ない抗がん剤として利用されており、がん患者の多くが利用しています。

no.4

ホルモン剤

がんの種類によってはホルモンが成長を促進させているケースもあります。ホルモン剤はその成長を止める役割を持っており、吐き気、倦怠感などの副作用が出ない抗がん剤として様々な場面で利用されています。

no.5

プラチナ製剤

プラチナ製剤は骨髄抑制の副作用を軽減してくれる抗がん剤になります。がんの治療にも高い効果を発揮することが出来るので、抗がん剤の中でも期待されている治療薬として評価されています。

抗がん剤の副作用

看護師

抗がん剤と副作用

抗がん剤の副作用は、薬の種類や治療するがんの種類によって異なります。吐き気や脱毛などの副作用も用いる薬もありますが、体質によっては副作用が現れないケースもあるのです。

抗がん剤を使わない

副作用が心配であれば、抗がん剤を使用しない方法を選択することも出来ます。その場合がんの状況を医師が判断するので、状況に応じて患者に負担の掛からない方法を提供してくれるでしょう。

メリットとして受け入れる

抗がん剤の使用目的には、がんの転移を防ぐ目的もあります。成長の早いがんであればその分転移の可能性も高くなるので、治療の難易度を上げるよりも副作用を受け入れる気持ちが大切になります。

副作用の対策は行なう

抗がん剤を用いる場合、病院側でも副作用を軽減するための取り組みは行っています。始めからマイナスのイメージを持たずに不安があれば医師や病院を頼るような気持ちでいると負担が軽くなりますよ。

広告募集中