ロゴ

早期治療で肺がんを克服する

肺がんの症状

ドクター

肺がんの特徴

肺がんは咳や息切れなどの症状が起きます。しかし、風邪も似たような症状を起こすため風邪と勘違いしてしまう方も多いのです。一週間以上この症状が続くようであれば早めに専門外来を受診しましょう。

肺がんの原因とは

肺がんの原因は主に大気中の汚染物質が肺にダメージを与えることで、肺の細胞ががん細胞に変化してしまうことが考えられています。喫煙を行なっている方はなるべくやめるようにしましょう。

がんの遺伝性

がんは遺伝性の強い病気です。血縁者にがんを患った方がいた場合には、がんのリスクも上がるでしょう。しかし、必ずしも遺伝する訳ではないので定期検診などをしっかり受け健康管理を行なうことが重要になります。

もし肺がんになってしまったら

肺がんになってしまった場合、がんの大きさにもよりますが手術を行わずに治療する方法もあります。どの治療がベストなのかを担当医と相談して決めるといいでしょう。

肺がんに関する疑問や悩み

タバコは肺がんの元ですか?

タバコの煙には有害な物質が大量に含まれています。しかし、タバコだけががんの元という訳ではないです。がんを発症させる要因は様々ですが、タバコもその一種と考えていただければ問題ないです。

肺がんは転移しやすいですか?

肺は全身を巡る血液が集まる臓器になります。そのため肺がんは転移を引き起こしやすいがんの一種になっています。早期発見と治療が肺がんの転移を防ぐ唯一の方法になるのです。

肺がんにも種類があるって聞いたんですが…

肺がんは肺のどの部位に出来たかによって種類が分けられています。最も多い肺がんは肺に通っている腺に出来る腺がんになっており、喫煙習慣がなくても発症する可能性のあるがんです。

肺がんになりやすい人って?

肺がんになりやすい方の特徴として、喫煙者であるかどうかという部分が取り上げられています。非喫煙者に比べると数倍も肺がんの発症率に差が出ています。

肺がんの治療はどうするんですか?

肺がんの状態にもよりますが、発症している部分の摘出手術や抗がん剤治療、最新治療である遺伝子治療などがあります。状況によって治療法も異なってきますよ。

広告募集中