ロゴ

副作用の期間を知ろう

連続して治療しない

抗がん剤を利用した治療は、基本的に連続して行ないません。そのため副作用の継続期間も短くなりますので、患者の負担も少なくて済むのです。また事前に副作用の期間を担当医に聞いておくのもいいですね。

抗がん剤の副作用を抑える対策ランキング

no.1

吐き気を抑える食事を取る

抗がん剤の副作用で吐き気が最も多いです。この副作用を抑えるための対策として、固形物ではなくゼリー状になったものや喉越しの良いものを食べることで胃の負担を抑える方法が一番とされています。

no.2

外出を控える

骨髄抑制の副作用が表れている場合には、体の防御システムが低下しています。外出を控えることで細菌感染などを防ぐことが出来るので発熱などの副作用を抑えることが出来る対策として人気です。

no.3

ウィッグやメイクを利用する

脱毛の副作用の対策方法として、ウィッグやメイクなどが多く行われています。また事前に髪の毛を短くしておき、脱毛の違和感を軽減する方法も好まれているようです。

副作用が現れる時期

医者

辛い吐き気や食欲不振の期間

抗がん剤の副作用で一番辛いと感じる吐き気や食欲不振は投薬後一週間程で治まるとされています。この期間を制吐剤や点滴などを利用して、副作用の軽減を行なえば乗り切ることが出来ます。

脱毛や口内炎

投薬後2週間から3週間後には脱毛や口内炎が副作用として現れます。ビタミン剤や漢方、栄養剤などでカバーすることが出来るので心配する必要はありません。この期間が過ぎれば自然に治る症状なので安静にしておきましょう。

広告募集中